• sub menu
  • 貸し会議室の仕組み
  • 貸し会議室の用途
  • 貸し会議室業者
  • リンク

貸し会議室て何?

最近巷でよく聞く「貸し会議室」。貸し会議室とは何なのか?どのくらいの料金で借りられるのか?どんなとき使うと便利なのか?どんな会社が運営しているのか?このサイトでは、そんな疑問を解決します。
かつて大企業は大ホールを自社で所有していました。しかし施設維持にかかるコストを考慮すると、必要な時にだけ必要な規模の場所を借りるという選択肢を取る会社も増えてきました。ホールで行うようなイベントでなく会議の場合、小規模な打ち合わせであれば、喫茶店でも可能ですが、貸し会議室であれば周りの目を気にせずに済むため、個人情報の扱いという点からも貸し会議室の需要は高まっています。また、立地的利便性といったメリットもあります。

PR 卓上カレンダー.net
http://desk-cal.net/
企業やお店の名入れ印刷した卓上カレンダーで売上&集客UP!
リング式、ケース式、壁掛けと両用など、様々なタイプの卓上カレンダーからお選びいただけます。

line

貸し会議室の仕組み

Wikipediaによると、貸し会議室とは「会議・打合せをする場所を設備と共に一定時間で貸し出す会議スペースもしくはサービスそのもの」とされています。民間の貸し会議室業者が営利目的でやっているものと、自治体や公共施設がその施設の補助的な役割のために貸し出しているものと大きく2つに分けられます。

貸し会議室の用途

「会議室」とは言っても、その大きさは様々で用途も多様です。会議はもちろん、講義、研修、試験会場、宴会・パーティ会場代わりにも使うことができ、アイデア次第でなんでもありです。用途に合わせて様々なオプションを利用しましょう。必要な時にだけ様々な用途に使える貸し会議室を探してみましょう。

貸し会議室の業者

現在貸し会議室業界は大きく分けて、最大手TKP、その他業者、公的機関という3つに分けられます。貸し会議室業者はレンタルスペース、様々な場所時間貸し業を含めると無数にあります。最近はカラオケボックスを打ち合わせに使う人もいると聞きます。元々、貸し会議室はオフィスビルの空室の有効利用という面で注目されてきました。

レンタルオフィス

個人事業主にとってオフィスそれ自体のコストも大きなものです。そんな人のために複数の会社や事業主が集まって会議室や応接室を共有し、コストを抑える「レンタルオフィス」というものがあります。さらに常設の仕事場を必要とせず、会社所在住所と、郵便物対応などだけでいい、会議室や応接室だけ必要に応じて別料金で使いたい、という人には「バーチャルオフィス」という選択肢もあります。大人数で共有することで、利便性の高い場所に低コストでオフィスを構えることができます。たとえば、こちらの名古屋のバーチャル・レンタルオフィスは名古屋駅から徒歩3分という好立地です。